TOP

名古屋市立宝小学校のホームページへようこそ。

本校は昭和32年に名古屋市立大生小学校の分校として授業を開始し、昭和34年に独立開校しました。開校の年、昭和34年は伊勢湾台風に襲われ、多くの被害を被りました。

高度経済成長の時代、最大で1600名を超えていた児童数も、名古屋市立宝南小学校の開校や少子化時代の影響を受けて現在では300名ほどになっています。

校門を入ると本校のシンボルである「すこやかの像」とカナリーヤシが目にとまります。カナリーヤシは校舎の3階ほどの高さがあります。

平成27年からは名古屋市立南養護学校分校(小学部)が本校と同じ敷地内に開校し、交流活動を通した両校の児童の成長に力を注いでいます。